FC2ブログ

英語が苦手な人の思考

  • Day:2018.06.23 11:33
  • Cat:雑談
こんなブログを見つけて、読みふけってしまいました。

苦手なりの受験英語

とても全部は読み切れなくて適当にいくつか読んだだけなのですが、英語が苦手な人の考えと得意な人の考えの違いみたいなのがすごく面白かったです。
英語教師や指導者はかつて「英語が得意な人」だった人だから、おそらく悪気なく良かれと思って「苦手な人」に対してこう言ったりこういう課題出したりしがちだけど、「苦手な人」にとっては何の効果もないっていうかむしろ害悪っていうの、「あるあるー!!」って感じで、イイネ!ボタンとか付いてたら毎日100連打くらいしたいところです。

私も中3の夏休みに自由課題として「中学3年分の英語の教科書の中から覚えていない単語を全部書き出して単語帳を作る」というのをやろうとしたところ、英語教師に「単語帳作りなんて中1のやること。中3になってまでそんなことしてちゃイカン」と説教くらって、代わりに英語版『白雪姫』の本を渡されそれを全訳してくるよう言われたなんてことがありましてね……。
当時「3単現のs」すら知らなかった私に、それがどれほど無駄で苦痛な時間だったことか!
「白雪姫=Snow white」という単語を覚えた、そして英語とその英語教師をより嫌いになった、ただそれだけでした。

英語得意な人は大抵数学苦手だからという理由で、たびたび数学に置き換えた例えが出てきましたが。
いやそれ偏見でしょw と思うのですが、学生時代に英語が得意でかつ英語が出来ない私のことをしつこく馬鹿にしてきた人は、確かに数学というか理系全般苦手だったな(笑)。
でも数学とかその他の科目が苦手な人と英語が苦手な人とのコンプレックスって比べようもないくらいの差があるような気がします。
だって、英語は逃れられない呪縛のようなものだからw
数学苦手だったら文系に進学すれば逃れられるけど、英語は理系行っても文系行っても付いて回る。何なら、社会に出てからも「TOEICで○点以上取らないとクビ」とかあるくらいで(恐ろしい!!!)
高校時代、試験で50番以上は名前と成績が貼り出されるという制度があったのですが、英語以外全部名前が載ってるのに、5教科総合(国数社理)にも3教科総合(国数・国社・数理)にも名前載ってなくて、同じクラスの人にはもちろん、他のクラスや部活の後輩などありとあらゆる顔見知りに「どんだけ英語悪かったの!」と死ぬほど笑われ弄られた経験があるのですが、英語だからこその屈辱ですよね…( ´_ゝ`)
出来ないことを責めるよりも出来ることを褒めるってのを、みんなもっと覚えた方がいいと思うの…(笑)。

この、他の科目も落ちこぼれならまだしも英語だけが極端に出来ないっていうのが、英語教師からしたらものすごくムカつくらしくて、まるで私がわざと英語だけ勉強していないかのような言われ方で怒られたりしていたのですが。(そんなわけあるか!)
ものすごく不思議なのだけど、極端に出来ない生徒が出た場合、教師ってのは「自分の教え方が悪いのだろうか?」とは考えないのだろうか。
教え方だっていくつか方法があるわけで、「この生徒にはこっちのパターンで教えた方が効果的なのかも」とか、何か考えるところはないのだろうか。
100%おまえの努力不足!って決めつけて怒鳴りつけられるばかりで、そこからどうやってやる気出していけるのかと今でも当時の教師たちに問いたいところです。

まぁ結局何が言いたいかというと、出来ないからといって努力していないわけではない!ということ。
出来る人からしたら努力の内に入らないような簡単なことでも、出来ない人からしたらものすごい労力で、出来ないなりにやってるんだよってことです。
さて、出来ないなりにこれからも、人様から無駄だと思われるようなわけわからん努力を自分なりにしていきますよ、とw
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

Comment

こんにちは。

>出来ないからといって努力していないわけではない!
そうなんですよね。
中3まで英語が苦手だった私が、塾講師当時
中2でhe=彼,she=彼女すら分かっていない生徒を
1年で学年トップまで持って行ったがことありますが
その生徒も私も努力はしていたけど、覚えるべきところを分かっていなかったんですよね。


にしても、同じ学校の授業を受けて
三人称単数を理解するグループと理解できないまま進むグループって
どこで違ってきてしまったんでしょうね。
私も後者でしたが(笑)
私の場合は、教科書の内容(ストーリー)が分かれば満足していた気がします。

単語帳作りなんて、英語苦手な生徒が自分から言い出したら
褒めまくりますけどね。
ついでなので中1から遡ってやらせるかもしれないけど(笑)
洋書(語彙制限しているにしても)の和訳なんて、英語得意な生徒向けだと思います。

ミツイさんのように、本来頭のいい生徒(前述の中2でhe,sheが分からなかった生徒もそうだったんですが)はやれば、ホント学年トップレベルに伸びるんです。
学校は個別指導塾じゃないから仕方がないけど、その力を伸ばせてあげられなくてもったいないなと思います。
  • 2018/06/23 13:01
  • なにわのねこ
  • URL
  • Edit
Re:なにわのねこ様
おぉ…「he=彼,she=彼女」がわからないレベルから学年トップとは、その子の努力もなにわのねこさんの指導力も凄まじいですね!!
ストーリーがわかれば満足、わかります。
というかそこで力尽きてしまい、「何故そうなるか」みたいなとこまで踏み込むには至らなかったですね…。

私がトップレベルに伸びるかどうかは…w
中学でコンピューター診断で能力判定みたいなのがありまして、結果は先生だけが見ることが出来てこちらには見せてもらえなかったのですが、
「コンピューターで調べてもお前は英語の能力無いな」
とため息つかれたことあるので、才能レベルで英語が出来ない可能性がありますww

にしても、教師は時間外労働が多いのに薄給で大変とかたまにニュースで見るけど、ちょくちょく放課後呼び出しては小一時間怒鳴りつけるとかする暇はあるくせにとか思って、あんまり同情できなかったり。
時間外に生徒呼び出して指導するなんて自分仕事してる~!とか思ってたなら、ぶっ飛ばしてやりたいww
叱るのは最初の一言二言に止めて、何かアドバイスするなり、努力してない生徒だと思うのなら目の前で問題集解かせてみるなり、落ちこぼれを何とかしてあげたいと思う気持ちがあるならそうした行動に出るのではないかと思うのですが、まぁ何とかしてあげようなんて気持ちで呼び出してはいなかったんでしょうね。
まぁ何とかしてあげたいとか思った挙句の行動が『白雪姫』の和訳とかだったら正直迷惑なので(笑)、やっぱり個人で自分に合ったやり方見つけていくしかないのかなと思いますw
  • 2018/06/23 17:15
  • 管理人
  • URL
Comment Form
公開設定