FC2ブログ

ようやく半分…

NHK3か月トピック英会話 ハートで感じる英文法 (語学シリーズ)
大西 泰斗 ポール・マクベイ
NHK出版
売り上げランキング: 7,717

現在『ラジオ英会話』の講師をしている大西氏&ポール・マクベイ氏の本、ということでぼちぼち読んでたんですが、全12章ある内の半分、第6章まで読めました。

ようやくだよ……この本読んでると何故か異常に眠くなってしまって、もう何度寝落ちしたことか……。
内容はなかなか興味深いです。
例えば動詞の後のthatは省略できるけど、省略したときとしないときのニュアンスの違いとか。読んでいて、なるほどそうだったのねぇと感心することしきりです。
なのに何故眠たくなるのか。

……これ例文難しくない? orz

いや、私の英語力が貧弱すぎるせいだというのは百も承知なんですが!
例文には全部日本語訳だってあるから悩む必要ないんだけど、「ええとこの単語がこういう意味で、こうだからこういう意味になるんだな」と自分が納得するのにすごい時間かかってます。
語句や文法の難度以外に、本のタイトルにあるように「ハートで感じ」なければいけない箇所が多いのも眠くなる要因かも。

 A:I bet you're delighted to have your husband back home.
 (A:旦那さんが帰ってきてホントに嬉しいんじゃない?)
 B:Yes, and the kids are loving every minute of it, too.
 (B:そうなの。子供たちも一緒にいる時間を本当に喜んでいるのよ)

これは進行形の章で出てきた例文ですが。
何かこう、そう日本語訳付けられていればふわっとわかる気はするんですが、自分でそう解釈できるか、使いこなせるかと言われたら絶対無理なんじゃないかって気しかしないです(-_-)

そしてこの本の構成が、まず従来の学習ではこれをどう習ったかという解説があって、それを踏まえて新たな解釈なりイメージなりが展開されていまして。
その「従来の学習」の知識が完全に抜け落ちている私のような落ちこぼれには、何だか余計に知識がとっちらかる感というか何というか。
「実はこれAじゃなくてBなんだよね」って言われても、AもBもどっちも知らんがな、みたいな。Aを知らないからBを知ったことに驚きもないし、ただ淡々とAとBを新たに覚えなきゃいかんというか。

それでも、へぇそうだったんだと思うことはたくさんあるし、面白いことは面白いんですけどね。
あと半分、何とか頑張って読み込みたいです……。
ちょうどラジオ講座でやってる時制の話とかと被る章もあるしね。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

Comment

Comment Form
公開設定