FC2ブログ

『くもんの中学英文法』1周目完了


別冊の完全チェックテスト、間違えた部分の説明を読んで解きなおす、更に間違えた部分の説明をもう一度読んで解きなおす、という感じで不正解数を減らしていき、5回目にしてようやく全部正解することが出来ました。

不正解数の推移はこんな感じ。
 第 1章 文のしくみ       : 0問 / 40問中
 第 2章 動詞と助動詞      : 6問→1問→0問 / 40問中
 第 3章 名詞と代名詞      : 5問→1問→0問 / 32問中
 第 4章 冠詞と形容詞と副詞   : 4問→0問 / 28問中
 第 5章 文型・さまざまな文   : 8問→5問→1問→1問→0問 / 40問中
 第 6章 比較表現        : 3問→2問→0問 / 24問中
 第 7章 受け身         : 8問→3問→1問→1問→0問 / 20問中
 第 8章 現在完了        :10問→4問→1問→0問 / 20問中
 第 9章 句で表す        : 9問→1問→0問 / 34問中
 第10章 不定詞と動名詞と分詞  : 2問→0問 / 8問中
 第11章 前置詞         : 7問→2問→0問 / 14問中
 第12章 接続詞         : 4問→3問→1問→0問 / 12問中
 第13章 関係代名詞       : 8問→2問→1問→0問 / 16問中
 第14章 付加疑問・間接疑問など : 9問→4問→0問 / 20問中

最後までしつこく間違えた問題の例文は、紙に書き出して洗面所にでも貼っておこうかと思います。歯磨きするときにでも眺めて覚える(笑)。
うーんしかしこの文法書、文法の説明がコンパクトにまとまっていて良いんだけど、ちょっと言葉足らずというか分かり辛い箇所もあったかな。
例えば「彼女はとてもかわいい」という文を英語にするときに、私は「とても」を so と書いたのですが、解答ではvery になっていて、どう使い分けたらいいのかな、とか。
「彼女にバッグをあげた」を英語にするとき for herとしたら、解答は to her で、そこはどうして for では駄目なのかよくわからなかったり。
ネットで検索したり、『ラジオ英会話』のテキスト見たりしてその辺の疑問は補完することができたのですが、まだ関係代名詞と関係副詞あたりの理解がふわっとしていて、なんだかモヤモヤします(´・ω・`)

まぁ文法を1冊で完結しようなどと思わずに他にも色々読んだり、チェックテストも問題が少ないから何かちゃんとした問題集もやってみるべきなんでしょうかね。
というわけで、入手してみました。

NHK3か月トピック英会話 ハートで感じる英文法 (語学シリーズ)
大西 泰斗 ポール・マクベイ
NHK出版
売り上げランキング: 17,496

現在『ラジオ英会話』を担当されている大西氏&ポール・マクベイ氏の文法本です。
ラジオ講座の説明分かりやすいですし、アマゾンでの評価もなかなか良いので期待。

そして問題集。
文法書と同じくもんから出てるコレ。


あたまから全部やってもいいけど、とりあえずチェックテストで不正解数の多かった分野から優先的にやっていこうかと。

この2冊をひと通りチェックし終えた頃に、「完全チェックテスト」をまた全部解いてみようかなと思います。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

Comment

夜分遅くから失礼します。

soとveryの違い、toを使うかforを使うかの違いは
すでに解決されたということで大丈夫でしょうか?

関係代名詞と関係副詞の関係は、簡単に言うと
「前置詞+関係代名詞」=関係副詞ですね。

This is the house which she lived in.という文章は
=This is the house in which she lived.とも言えます。
ここで「前置詞+関係代名詞」が出てくるので
=This is the house where she lived.と書き換えられます。

一方で
This is the house which she visited.
という文章があるとします。
これはShe visited the house.と言うように、
visitは前置詞を取らずに第3文型を取る動詞ですので、
This is the house where she visited.とは言えません。
(「前置詞+関係代名詞」の形を取らないから)

なので、実は関係代名詞・関係副詞というのは
文型(というかその動詞が自動詞か他動詞か)が分かっていないと
理解できないんです。

それくらいは分かっとるわ!ってことでしたら申し訳ありません。m(_ _)m
もし、上記のところで引っかかっていて、
where以外の関係副詞についても知りたかったら
http://eikaiwa.dmm.com/blog/40247/
が詳しいです。

文法書は相性もありますし、
複数取り組まれるのは賢明なお考えだと思いますよ。^^

お互い頑張りましょう!
Re:なにわのねこ様
おぉぉ…詳しい解説ありがとうございます。
soとveryの違いとか、soonとat onceの違いとか、ネットで検索すると知恵袋あたりに他の誰かがかつて質問したページがずらずら引っかかってきて、みんな悩むところは同じなんだなとw
そしてそれなのに何故文法書に詳しく書かれていないのかとか思ってみたり。

関係副詞辺りは中学の範囲じゃないので、中学英語の文法書では「発展学習」って感じでさらっと触れている程度なのです;
自動詞とか他動詞とかここでも関係してくるんですね!?
まだまだその辺、しっかり勉強しなくてはです。
ていうか本当に、自動詞他動詞なんてものがそんなに大事なものだなんて、『ラジオ英会話』始める4月まで知らなかったですよ……。
詳しいサイトの紹介もありがとうございます。じっくり読んでみますね。
  • 2018/05/01 16:02
  • 管理人
  • URL
Comment Form
公開設定