FC2ブログ

30回

必ずものになる話すための英文法 [超入門編 上巻](CD1枚付)
市橋 敬三
研究社
売り上げランキング: 260,298

音読30回突破しました。
目標の80回のうち半分の40回までは余計なこと考えずにひたすら音読しようと思っていたのですが、早くも飽きがきた(笑)こともあって、日本語訳の方を見て英文を言えるかってのを試してみました。

少なく見積もっても、半分くらいはすぐに英文出て来る!

……いや、そもそも I have a car.(私は車を持っています)レベルの英文ばかりなので大したことないのですが、知らなかった単語もこれで覚えたのがいくつかあるし、ちょっとしたことでも音読を続けた効果を実感できて嬉しかったです。
飽き対策には効果の実感が必要となると、音読し始めの段階よりも、音読50~60回くらいの頃の方がツラいのかも。ダイエットの停滞期みたいな。

そんなことを思いつつ、ネットで英語学習関係のサイトを巡ってたら「中学英文法が理解できているか診断」みたいなテストを見つけて、軽い気持ちで挑戦してみたのです。そしたら半分以下しか正解できなくて、「初歩からやり直さないとダメなレベル」的な、んなこたぁわかってるんだよみたいな診断下されまして、何か自分でも意外なくらい心折られた気分になりました。
ラジオ講座で今までわかってなかったところ知って、曖昧だった動詞の活用も音読することで整理できたりしてて、ちょっといい感じで英語力上がってる(※自分比)って自覚がちょっとだけあったりしたもんだから、鼻っ柱たたき折られたっていうかね……。
思えば学生時代も英語出来ないなりに初歩から頑張ろうとしても、英語教師に「そんなのは中1でやる内容だ、今頃そんなことやってちゃいかん」と馬鹿にされたり、分からないところ質問しに行っても「こんな問題がわからないのは授業をまともに聞いていないから」と決めつけてキレられて質問に行けなくなったりとか、そういうのあったなあと。
独学でコツコツやるのも飽きたり面倒くさくなったりいろいろあるけど、ひとりで「わ~今日はこんなに出来た~」とか「新しい発見があった!」とか楽しくやれてる内は、上から目線で評価下されるようなとこには近付かないのも大事だなと思いました。
モチベーションの維持、大事。
人並み以下だと自覚のあるうちは、特にね(笑)。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

Comment

Comment Form
公開設定