20回!

必ずものになる話すための英文法 [超入門編 上巻](CD1枚付)
市橋 敬三
研究社
売り上げランキング: 152,916

全部の例文の音読、20回目突破しました。

いやぁ~……

飽きるね!(笑)

全部で300くらいの例文があるから、それを20回だから結構時間かかってるんだけど、80回音読が推奨されてるってことは効果が実感できるのってまだまだ先だろうし、10~50回目くらいが辛いのかなぁと思ってみたり。
50回目過ぎるくらいになると、日課って感じになってちょっとは楽になるんじゃなかろうか。多分。

今のところ、21時45分から『ラジオ英会話』聞いて、23時からの『英会話タイムトライアル』までの1時間を音読に充てています。
でも「隙間時間を利用して集中して音読すること。長時間音読しようとしない」というような注意書きがあるくらいで、1時間近く音読してると、最後の方はただの作業と化して何となく口にしてるような感じになってしまう時もあるので、どうしたもんかと思っているところです。

ところで、CDは男性と女性が交互に1単元ずつ例文を読んでくれるのですが、男性が読む順番の例文の中に
 My husband walks to the station every morning.(夫は毎朝駅まで歩いていきます)
ってのがあって、そこだけさりげなく女性が読んでるのに気付いて、おぉ!ってなりましたw

あと学生だけでなく社会人も学習の対象者に含まれているからか会社関係の例文もちらほらあるのですが、
 I'm their boss.(私は彼らの上司です)
から始まって、
 I don't like my boss.(私は上司が好きではありません)
 My assistants don't like me.(部下たちは私のことが好きではないんです)
など続いて(?)、この職場の人間関係が気になってみたり。

……そういう余計なことに意識が行くのは、余裕が出来たからか集中していないからか、判断が分かれるところです。
関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

Comment

こんにちは。勉強続いていますね!
今も音読の真っ最中でしょうか。
ところで、音読はどうやってされていますか?
CDの音に続けて(りピーティング)、
CDの音に重ねて(オーバーラッピング)、
テキストを見ないで、
などいろんなやり方ができると思いますが
最初の30回程度はCDの音そっくりの発音ができるようにリピーティングし、
その後はCDの音と同じ速度で音読できるようにオーバーラッピングするなど
何周目かによって目的を変えてみると、飽きも出にくいかと思います。

テキストの上司の人、嫌われているんですね(笑)
それは確かに気になります。
My assistants don't like me.という英文は使いたくないですね(笑)
単語帳のDuoでも、例文に出てくるBobという人物が面白いようなので、
ご興味がありましたら検索してみてください。

あとは、タイプミスかと思いますが、
彼らの上司だったらtheir bossですね。
もう一つ興味を持ったのは、I don't like boss.は、my/our/the bossではなく
ただのbossなんですか?
bossを辞書で引くと、be動詞の後ろでは、所有格や冠詞をつけずに使うことができるとあったので
この場合もそれに似たケースなのかな、と。

長文、失礼しました。
Re:なにわのねこ様
わー、めっさタイプミスしてますww
ご指摘の通り、there じゃなくて their だし、ただの boss じゃなくて my boss です。
直しておきます!!

英文を手で書くのとパソコンで打ち込むのとでまた別の技術って感じで、慣れないですねぇ。
そしておかしな文を打ってしまっても、それを見て違和感を感じないあたりがまだ全然ダメっていうか、飽きたとか言ってないで音読してろって感じです(笑)。
ご指摘ありがとうございます!
一人でやってると自分のおかしなところになかなか気づきにくいので、こうして指摘して頂けるっていうのは本当にありがたいです。

音読は、CDは1文をスピードを変えて2回読み上げてくれているので、それを聞いた後で音読(リピーティング)するのと、CDに合わせて音読(オーバーラッピング)してさらに次の文に行くまでの間にもう1回リピーティングを差し込むというのを交互にやってます。
CDを1回流すのに対して、音読を2回とカウントするのと3回とカウントするのを1セットにしている感じです。
一応、半分の40回まではちゃんとテキスト見てやろうと思ってます。
そのうち、書く方のトレーニングもしないとですねぇ。
課題はまだまだ山積みです^^;
  • 2018/04/13 22:21
  • 管理人
  • URL
Comment Form
公開設定