6月の第2週

■ラジオ英会話
今週は進行形など。
ハートで感じる英文法』で読んだ説明や例文と被ってる部分が多く、分かりやすかったです。ていうかむしろラジオの説明よりも『ハート~』の方が分かりやすかったくらいw
この辺、本と合わせて録音データ聴きなおし、情報をまとめて整理したいところです。
あと欲を言えば、大西先生以外の人の本でも確認してみたいところ。でも文法書、大西先生の『FACTBOOK』買っちゃったなぁw


■英会話タイムトライアル
地元の観光地なんかを紹介する練習など。
「私の地元には~があります」って文、「あります」って文にはとりあえず There is ~. ってイメージだったので、解答の My hometown has ~. を見てあれ?ってなりましたw まぁテキストのコラム見ると、どっちでも間違いではないっぽいですが。
あと、「あなたは~を気に入るかもしれませんよ」で You might like ~. って言う、このmayが過去形のmightになってるのは、『ラジオ英会話』でやった婉曲表現なのかな、とかそういうのに気付いたり気になったり出来るようになったのが、何となく英語力上がってる感があって嬉しいですww
スポンサーサイト
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

英検準2級1次試験合格!!!

20180618-1.jpg


1次試験、無事に合格できました!!
リスニングで後半やらかした時に、本当に不合格も覚悟したので、嬉しいです。てか一安心。



20180618-2.jpg
20180618-3.jpg


(あんまり大きな画像貼ると、スマホで見てる人なんかには見にくいのだろうか…。スマホ持ってないからよくわからんです。ちなみに試験会場で携帯電話の電源切ってるかチェックがあったのですが、私のガラケーを見て試験官が笑いやがりましたよ(#^ω^) )

この100点満点じゃない配点、分かりにくいなぁ…。英検バンドとかいうのもよくわからん。
しかしライティングが15/16点とは!
文法とかスペルとか間違っていた気しかしないのですが、そんな細かい事よりも、自分の意見に対するふたつの理由を説明する全体的な流れとかの方を評価してる感じなんですかね??

まぁ過ぎたことはいいやw
とりあえず今回の教訓として、リスニングテストの練習時には「広めの部屋でいつもより大きめの音で再生し、スピーカーから出来るだけ離れた位置で聴いてみる」というのを覚えておこうと思います。
試験中、なんかただでさえ喉の奥でこもるように発音する外国人の声が、余計にくぐもって聞きにくかったので……。

さて、2次試験の流れとかもまだ何も確認してないので、公式サイトでチェックしたいと思います。
頑張るぞー!!!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

音読お休み中

ちょっと前からどうにも喉がイガイガしていて、音読の量を減らしたり対処はしていたつもりなのですが、一向に収まる気配がありません。
今現在、黙っている状態でもなんか喉の奥痛く感じるくらいなので、そこそこな炎症を起こしているのかと思われます。
音読が原因なのか、その他原因があるのかは定かでないですが…。飲酒とか……。

そんなわけで、ここ2~3日思い切って音読はお休みしています。
4月からずっと続けていたんだけどな~。
でも英検1次試験受かってたら、2次試験はスピーキングテストもあることですし、その時に声出ないなんてことになったら洒落にならないですしね。
ていうか普通に、これ以上喉痛くなったら仕事に支障が出る orz

音読休むはいいけど代わりに何やろうと考えて、『ハートで感じる英文法』読んでいて寝落ちしてラジオ講座聞き逃したり。
単語の暗記でもしようかと、その昔購入して中途半端に手を付けただけの『速読速聴・英単語 Basic 2200』を引っ張り出してみて、CDの読み上げスピードが速くて驚いてみたりとか。
(私が『話すための英文法 超入門編』の超スロースピードに慣れ過ぎたってのもあるかもだけど、普通に『ラジオ英会話』のスキットよりも速いと思う。でも本には『スピードはナチュラルよりやや遅め』とか書いてあるのですが……)

そんなこんなで、ここ数日、英語学習が全然進んでいる気がしないですww
日曜日は、図書館にでも行って勉強してみようかな。家以外でならさすがに寝落ちはしないだろうと思うのですが、甘いだろうかw

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

ようやく半分…

NHK3か月トピック英会話 ハートで感じる英文法 (語学シリーズ)
大西 泰斗 ポール・マクベイ
NHK出版
売り上げランキング: 7,717

現在『ラジオ英会話』の講師をしている大西氏&ポール・マクベイ氏の本、ということでぼちぼち読んでたんですが、全12章ある内の半分、第6章まで読めました。

ようやくだよ……この本読んでると何故か異常に眠くなってしまって、もう何度寝落ちしたことか……。
内容はなかなか興味深いです。
例えば動詞の後のthatは省略できるけど、省略したときとしないときのニュアンスの違いとか。読んでいて、なるほどそうだったのねぇと感心することしきりです。
なのに何故眠たくなるのか。

……これ例文難しくない? orz

いや、私の英語力が貧弱すぎるせいだというのは百も承知なんですが!
例文には全部日本語訳だってあるから悩む必要ないんだけど、「ええとこの単語がこういう意味で、こうだからこういう意味になるんだな」と自分が納得するのにすごい時間かかってます。
語句や文法の難度以外に、本のタイトルにあるように「ハートで感じ」なければいけない箇所が多いのも眠くなる要因かも。

 A:I bet you're delighted to have your husband back home.
 (A:旦那さんが帰ってきてホントに嬉しいんじゃない?)
 B:Yes, and the kids are loving every minute of it, too.
 (B:そうなの。子供たちも一緒にいる時間を本当に喜んでいるのよ)

これは進行形の章で出てきた例文ですが。
何かこう、そう日本語訳付けられていればふわっとわかる気はするんですが、自分でそう解釈できるか、使いこなせるかと言われたら絶対無理なんじゃないかって気しかしないです(-_-)

そしてこの本の構成が、まず従来の学習ではこれをどう習ったかという解説があって、それを踏まえて新たな解釈なりイメージなりが展開されていまして。
その「従来の学習」の知識が完全に抜け落ちている私のような落ちこぼれには、何だか余計に知識がとっちらかる感というか何というか。
「実はこれAじゃなくてBなんだよね」って言われても、AもBもどっちも知らんがな、みたいな。Aを知らないからBを知ったことに驚きもないし、ただ淡々とAとBを新たに覚えなきゃいかんというか。

それでも、へぇそうだったんだと思うことはたくさんあるし、面白いことは面白いんですけどね。
あと半分、何とか頑張って読み込みたいです……。
ちょうどラジオ講座でやってる時制の話とかと被る章もあるしね。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

6月号!

今週から6月号、新しいテキストです!

■ラジオ英会話
今月からは時制の勉強。今週は、現在形や過去形でした。
……現在形の○○用法だの未来を現す副詞節だの、学校では○○というふうに習いましたよね? みたいなこと言われても、そんなことを習った記憶が一切ない不思議。中学も高校も皆勤賞だったんだけどなぁ。
高校じゃ英語の教科書なんてほとんど使わず、難関大学の入試問題ばっかり集めた副読本使って、ひたすら読解させられてた記憶しかないや……。
「ここからここまでがこの動詞を修飾しているように見えるけど、実は途中でthatが省略されていて、この部分はこの句を修飾してるんです。残念でした~ww」的な、間違えた人を教師がひたすら笑いものにする授業展開だったので、現在のことなのに丁寧な表現にするためにあえて過去形にするなんて用法も、「こんなところで時制間違える人がいるなんて信じられませんね~ww」とか言いながら思いっきりせせら笑われそうな気がしてしまって、何だか恐ろしい有様です(さらし者常連だったトラウマ orz)。

まぁそれはそうと、現在形の説明なんかは割と簡単だし、放送後半の英作文コーナーでも1問目が「私の妻は医師です。(My wife is a doctor.)」だったから今日は何とかいけるんじゃないかと思った月曜日、2問目がまさかの
 カンガルーとコアラは有袋類です。(Kangaroos and koalas are marsupials.)
できる気がしねぇ!w


■英会話タイムトライアル
今週は、道に迷ってる人を手助けする感じのシチュエーションでした。
対話カラオケで「自分なりに答えてください」って質問あるけど、田舎過ぎて近所にバス停とかないし、案内できるような目ぼしい神社なんかもないので言葉に詰まるという……。
でもこの講座聴いてると、とりあえず It's that way. で何とかなりそうな気がしてきますw
あと over there とか。
そういう、とりあえずコレ言っとけば何とか通じるってフレーズのストック増えるのは、有り難いですね。
もちろんテキスト丸ごと覚えられれば一番だけどさすがにそれは厳しいので、1週間に1つか2つでいいから定番フレーズ覚えていけたらなと思います。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ