FC2ブログ

とりあえず1年は諦めない予定

9月も終わりですねぇ…。
4月からずっと聴いてきて分かりやすいな~と思っていた『ラジオ英会話』、今月はあまり聞くことができませんでした。
というか、4月から英語の勉強してきて色々分かるようになったつもりだったし、すごく手ごたえも感じていたのですが、全部わからなくなってしまって途方に暮れています。

先月あたりからの放送、修飾とか否定の語順とかそのあたり、「notの位置とかで悩んだことないんだけどな~」とか思いながらも聴いていたんですが、分かっていたつもりのところを理屈付けて説明されたら何か一気に訳が分からなくなってしまいました。
何だろう、例えば今まで何も考えず普通に歩けていたのに、腕の振り方とか足の踏み出し方とか息継ぎのタイミングとか考えだしたら、どうやって歩いたらいいか、今までどうやって歩いていたかも分からなくなってしまった、みたいな。
指定ルールとか説明ルールとか、『FACTBOOK』とか見ながら復習してるんですが、どんどん頭が混乱してくる有様です。
まぁそんなことくらいで混乱する程度にしか、分かったつもりになっていたけど本当に理解は出来てなかったんだろうなと。
じゃあどうしたら良かったんだろうとか、やっぱり高校時代に1日3時間とか5時間とか勉強しても偏差値28とかだった自分に英語を理解するのは無理なんだとか、今はもう絶望感しかない感じです。

まぁとりあえず落ち込み切ったら、さっさと気持ち切り替えてまた単語の暗記とか英文音読とかしつこく再開してやりますけどね。
ちょうど10月になって、キリもいいし!
ラジオはとりあえず3月まで聴き続けるし、今月聴けてない放送も録音は残してるので、ぼちぼち復習していけたらと思います。

さて、台風24号が近づいてきて、雨風激しくなってまいりました……。
最小限の被害で済みますように。
スポンサーサイト
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

小休憩

しばらく更新が空いてしまいました。
台風とか地震とかありましたが、被災者の方々が1日も早く日常生活に戻れることをお祈り申し上げます。

私が住んでいる辺りでは、看板が壊れてるとか、信号機が変な方向向いているとか、街路樹折れてるとかありますが、特に停電などもなく日常生活を送れています。ありがたし。

英語の勉強は、中断しつつも続いてはいるんですが、何から書いたものやら……。
単語を一気に頭に叩き込んだせいか、日本語で普通にニュースとか読んでいる時に脳が勝手に英単語に変換してしまって、「英語うるさい!」ってなったりしてました。
例えば記事に「災害が…」とか書かれていると「disaster(災害)」とか、「○○が崩壊して…」とかだと「collapse(崩壊)」とか、最近覚えた英単語に該当する日本語だけが次々と英単語に変換されて(元から知ってるfriend とか today みたいなのはそんな風にならない)、気が散って文章は頭に入ってこないし困ってしまいました。
これが関先生の言う「ブレイク」ってヤツなのか? 英単語を短期記憶から長期記憶に移行させるために、脳が頑張ってるのか??
他の英語学習ブログ拝読していても単語覚えていらっしゃる方はたくさんいるけど、そんなことで混乱してる人なんて見たことないし、私の脳の処理能力が相当お粗末なのか…… orz

まぁそんなこんなで、ちょっと単語暗記は休憩挟もうと思って、文法書読んだりしてました。
最近ようやく脳内で「英語うるさい!」って感覚も無くなってきたので、そろそろ単語暗記再開したいと思います。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

BABYMETALライブ初参戦決定!!!

BABYMETALの10月のライブチケット、当選した〜!!!
幕張と神戸1日ずつ! 初ライブです。
しかもアリーナですよ! 神戸はMOSH'SH PIT、幕張は超MOSH'SH PIT!!!
今から楽しみすぎてはちきれそうです (((o(*゚▽゚*)o)))
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

音で聴くことの大切さ

『ターゲット1900』、セクション1~10まで(1000単語)の暗記に励んでおります。
現在、覚えられてない単語が多いセクションに絞って、例文の音読を進めています。

音読してみると、分かってるつもりの単語で「あれ~?」ってなることの多さよ……。
minute を「ミニッツ」と読んだら、CDは「マイニュート」と発音していて「!?」ってなったり。
(「mɑɪnjúːt」と発音するのは「微小な」とか「詳細な」とかいう意味のとき。というか、同じ綴りの別単語なのかな)

lives を「リーブス」と読んだらCDは「ライブズ」と読んでいて、そもそも lives って動詞 live の三単現と思ってたのによく英文見たら名詞で使われていて、調べたら名詞 life の複数形だったっていう。
名詞とはいえ「生活」という実体のないものを複数形にするという感覚が、そもそもわけわからん orz

そんなこんなで、覚えるべき見出し語以外のところで躓きまくっております。
でもちゃんと音で確認するのって大事なんだなと再確認です。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

そういや手つかずだった…

入門英語長文問題精講 改訂版 (必修問題精講)
三浦 淳一 戸澤 全崇
旺文社
売り上げランキング: 9,146

これの1題目を早速解いてみたのです。
知らない単語もあったけど、まぁ英文は読めました。知らない単語も、『ターゲット1900』の1000番以降に載ってる単語でした。
以前だったらこっちの間違った選択肢を選んでいただろうなと思う問題も、ちゃんと理由も明確に説明できる勢いで正解の選択肢を選ぶことができて嬉しかったりもしました。

で、いい気分でSVOとか書かれてとても詳しい解説をじっくり読んでいたのですが、ポイントとして書かれていた比較級の説明に、ちょっと驚いてしまいました。

■<The+比較級…、the+比較級~>は、「…すればするほど~」という【比例】を表す。
ex. The older he gets, the wiser he becomes.
  「年をとればとるほど彼は聡明になる」

え…? そんな用法初めて知ったんですけど…!?
長文問題集として『入門レベル』の1問目に書かれてる文法事項が初耳とか言ってるの、我ながらちょっとどうなの。
誰だ、「文法の知識的にはとりあえず中学レベルでなくて高校レベルの問題集に挑戦していっても大丈夫」とか言ってたの! 私だ! orz
というかよくよく考えたら中学英文法の本は通読して復習したけど、高校の範囲の文法で『ラジオ英会話』でまだやってない部分は、まったくの手つかずだったんだなぁ。比較は『ラジオ英会話』では9月放送のようです。楽しみ。

さて、高校英文法をどうしよう?
文法書『FACTBOOK』通読は、挑戦したけどまだ難しい。(こういう使い方は間違いという用例がたくさん載っているので、かえって知識が混乱してしまう)
元々の知識が皆無に近いので、大人のやり直し英語的な「これはこうでしたよね?」って説明の本じゃなくて、初めて学ぶ人用、つまり高校生向けの本の方がいい。
かつての自分がそうだったのですが、苦手ゆえに簡単そうでできるだけ薄めの参考書を買ってしまいがちなんですが、そういうのは例文や練習問題が少なかったり説明が省かれていてかえって分かり辛く、読んでいるときには分かった気になるけど実際に英文を読むときにほぼ役に立たない。
というわけで、それなりの厚さがあり練習問題もある詳しそうな高校英文法の参考書。
ラジオ講座と『FACTBOOK』が大西先生&クリス氏の著作なので、それ以外の方の説明が読みたい。


これ買いました。
単語覚えるときに「関コロス」と何度も言ってるお詫びに、中古じゃなくてちゃんと本屋で正規に買いましたとも。高いな、くそぅ。
でも比較のとこちらっと読んでみたら分かりやすそうだったのと、「helpの原形不定詞を使う用法」について書かれていたので、信頼してみようかと。
あと、自動詞と他動詞の判別法とかも書いてあるしね。(高校時代に学校で買わされた文法書に、自動詞・他動詞の項目がなかったことを根に持っているらしいw)
できれば今月中に、ざっと1周読んでおきたいです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ