FC2ブログ

図書館本

図書館で借りてきた英語学習法の本の感想など。

すごーく大雑把に言うと、従来の詰め込み式学校英語教育を否定する流れを否定する、って感じの内容でした。
非ネイティブが英語を身につけるには、高い文法力と読解力が必要って話。
学習内容的に頷けるけれど特に目新しさは無いし、これ読んでモチベーション上がるとかいう感じでもなかったです、すいません。
でも、かつて日本人で高い英語力を身につけた何人かの実話というか逸話というか、そういうのがまとめられてる章があって、それがものすごく読み物として面白かったです。
大学の卒業論文をラテン語で書き、英語で書いた詩でノーベル文学賞候補にまでなった西脇順三郎氏とか。
30数か国語ができるという語学の天才、井筒俊彦氏とか。(西脇氏を師と仰いでいるとか)
そういう方々がどんな勉強をされていたのかとか、大変興味深かったです。


あなたの英語勉強法がガラリと変わる 同時通訳者の頭の中 (祥伝社黄金文庫)
関谷 英里子
祥伝社 (2016-03-11)
売り上げランキング: 63,663
こちらは同時通訳までいかなくても、ビジネスの場なんかで実際に高度な英語力が必要な方向けの本、かな。
私のような超初心者が参考にするような内容ではなかったです orz
語彙を増やしたりイメージ力を増すために、英英辞典や類語辞典を活用しよう! とかそんな感じ。
日常で目に付いたものを英語にする、とかいうのはよく英語学習されてる方の勉強法なんかにも出てくるけど、この本は「名詞を動詞に言い換えてみる」とかさらに一歩踏み込んだ内容を紹介しています。

 marketing strategy(マーケティング戦略)
  ↓
 how we will market the products(商品をどのように売り出すか)

こんな風に言い換えることができるようになるため、派生語を覚えましょう! とか。

ハハハ、こやつめ('∀`)
とかいう感想しか、もはや浮かんできませんよ……

この著者の実体験で、仕事の会議の場で「次の問題に移りましょう」って意味で「So, let's move on to the next problem.」って言ったら、相手を激怒させてしまったというエピソードが書かれていたんですが。
「problem」って単語にネガティブな意味があり、相手は「こちらは問題など起こしていない!」ってなってしまって会議の場が凍りついたとか何とか。(そういう場合は「problem」ではなく「issue」「topic」などを使うとのこと)
正直、これ読んで「相手の外国人超面倒臭ぇ」としか思わなかった私は英語でコミュニケーションとか諦めた方がいいのかもしれないw 非ネイティブの英語の拙さを許容できない人って、英語圏の人には多いイメージ(偏見?)
よく日本人はシャイだから英語話せないとか言うけど、間違うのが恥ずかしいからじゃなくて「怖い」からな人の方が圧倒的に多いんじゃないかな。こんな単語の選択1個間違えただけで相手激怒な状況に陥る可能性があるんだもん、そりゃ怖いでしょ。激怒させた相手が銃持ってる可能性だって、外国だったら十分あるわけで。
まぁ銃は大げさにしても、その言い間違い程度のことで機嫌を損ねて取引中止、会社の損害○万円!みたいなことは普通にあるんじゃないかな。怖い怖い。
笑って流す程度の寛容さくらい持ち合わせようぜ。大人なんだからさ。

あとどちらの本もだけど、最初にちらっと「これってどういうことだと思う?」って感じに興味そそること書いておいて、それに対する答えに当たる部分がだらだらと文章を辿った数ページ後というやり方が多用されていて、正直ものすごくイライラしてしまいました…。
漫画や小説だったらそういう読者の興味を引っ張るやり方もいいと思うけど、ビジネス書なんだし、結論というか、一番の主張どころは簡潔にスパッと提示した方がいいと思うの……。立ち読みで済まされないためのテクニックなのかもしれないけどさーー。

というわけで、これらを読んだからといって「さぁ勉強がんばろー!」って感じにはならなかったわけですが、それとは関係なくがんばろうと思いました(なんだその感想w)
スポンサーサイト
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

今年もがんばりましょう!

あけましておめでとうございます。
本年も引き続き、英語でのたうちまわりたいと思いますw

さて、ブックオフの正月セールで、英語の本買ってしまいました。

Image1.jpg

中学3年の問題集と、文法書『Forest(5版)』です。
いたずらに教材ばかり増やしても中途半端になるだけと分かってはいても、これ2冊で400円だったら買っちゃうでしょうそうでしょう!?

問題集の方は最初の10ページくらいに書き込みあったけど、頑張って消しました。最初はマーカーでラインが引かれていたり、解答の文字も丁寧にしっかり書かれているのに、ページが進むにつれマーカーが無くなり筆圧も弱くなり字も乱れていき、前の持ち主の心理が手に取るようにわかって辛いですwww
苦手な完了形とか関係代名詞とかの書き換え問題や英作問題がたくさんあるので、繰り返し挑戦したいと思います。

『Forest』は言わずと知れた有名文法書ですが、『FACTBOOK』買ったくせにと思いつつ、やっぱり気になってしまいまして。
最新の7版もあったけど、そっちは5版の4倍の値段だったから、まぁそんなに大きくは違わないだろうと安い方を買ってしまいました。表紙や小口のスレや汚れはそれなりにあるけど、折り目も付いてない美品ですよ。
『FACTBOOK』は「こういう間違いをしないように」と間違った英文が紹介されていて、それ読んでたら混乱してしまったのですが、『Forest』はパラパラと見た限りではそういった記述はないようなので安心です。でも「自動詞と他動詞」の説明読んでみたら、『FACTBOOK』というか大西先生の説明の方がやっぱり分かりやすいなと感じたので、比べて読みながら理解していけたらいいなと。

うーん、やりたいことというか、理想はたくさんあるけど全部やるにはあまりにも時間が限られていて、でも最初から無理と決めつけないで、少しでも理想に近づけるようコツコツやっていきたいものです。
というわけで、今年もよろしくお願いします!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

弱点浮彫り

くもんの中学英文法』のチェックテストの復習中です。

Image3.jpg

今回間違えた問題を書き出し、1回目にも間違えていた問題にはマーカーで塗ってみました。
ほとんど前回も間違えてた…… orz
ちなみに↓は1回目に間違えた問題を書き出したヤツ。見開き2ページ必要だったのが半分になったのだから喜ぶべきなんでしょうけどね '`,、('∀`)'`,、

Image2.jpg

そして文法書の間違えていた問題に対応する箇所を読み返していて、はっきりと傾向があることがわかりました。
数とか量とかを表す、much、moreとか、little、fewなんかの使い分けが超苦手だ!
多分勘でしか答えてないw

後は完了形と関係代名詞ですね。
完了形は日本語にない表現だからやっぱりふんわりとしか理解できてないっぽいのと、関係代名詞はwhoとかwhichとかを省略できたりできなかったり、thatに置き換えられたり置き換えられなかったりなんかの規則がやっぱりふんわりとしか分かってない感じです。

とりあえずその辺の例文を手持ちの文法書や問題集から抜き出して、音読とか、日本語→英語に直す練習とか、年内は集中してやっておこうかなと思います。



話は変わりますが、図書館で英語の勉強法の本借りてきました。

Image.jpg
 
モチベーション上がるようなことが書かれてるといいなぁ。
正月休み挟むからいつもより長く借りられたので、ゆっくり読みたいと思います。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

チェックテスト2回目


付属のチェックテスト、全問解きました。
4月に1度解いているので(こちらの記事)、8ヵ月ぶり2度目です。
さて結果。全356問中44問不正解(1回目は83問)でした。

不正解数はこんな感じ。( )内は1回目の不正解数です。
 第 1章 文のしくみ       : 0問 ( 0問)/ 40問中
 第 2章 動詞と助動詞      : 3問( 6問) / 40問中
 第 3章 名詞と代名詞      : 2問( 5問) / 32問中
 第 4章 冠詞と形容詞と副詞   : 2問( 4問) / 28問中
 第 5章 文型・さまざまな文   : 3問( 8問) / 40問中
 第 6章 比較表現        : 3問( 3問) / 24問中
 第 7章 受け身         : 4問( 8問) / 20問中
 第 8章 現在完了        : 5問(10問) / 20問中
 第 9章 句で表す        : 2問( 9問) / 34問中
 第10章 不定詞と動名詞と分詞  : 1問( 2問) / 8問中
 第11章 前置詞         : 3問( 7問) / 14問中
 第12章 接続詞         : 4問( 4問) / 12問中
 第13章 関係代名詞       : 3問( 8問) / 16問中
 第14章 付加疑問・間接疑問など : 9問(9問)/ 20問中

良かった……一応ほとんどの分野で前回より正解できてる……。
しばらく英語から離れてしまっていたけど、何とか記憶を保てていたようです。解きながら「あ~これ以前もこう解答して間違えたはず。でも正解が思い出せない!」って問題もいくつかありました;;
しっかり復習しておきたいと思います。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

何度でも最初から

  • Day:2018.11.24 08:07
  • Cat:雑談
何かいろいろと分からなくなってしまってから、英語の勉強からちょっと離れていたのですが、ぼちぼち再開してます。
また基本に返ろうと思って、まずは『くもんの中学英文法』から。
辛いのに無理して義務感だけで英語詰め込もうとすると、英文を30分以上見ていると吐気をもよおすという英語アレルギーを発症しかねないのでw(高校時代、実際にそういう状態になりました)、慎重に少しずつやってます。

色々と忘れちゃったかなぁと思ったけど、問題解いていく中で「あ~これ、『ラジオ英会話』で覚えたヤツだ」ってなったりとか、音読して覚えた構文が役立ったりとか、まだまだ覚えていることもあるとわかって嬉しかったり。
思うに、単語とかは短期集中で詰め込んでもいいけど、文法はもっと時間をかけてひとつづつ丁寧に理解していった方が良かったのかな。
『ラジオ英会話』は、少しづつ積み重ねていけるような構成になっているんだと思うけど、講座の進む速さに私の理解力が追いつかなくて、それでも何とか積み上げてたのが一気に崩れてバラバラになったみたいな感覚です orz
なので『くもんの中学英文法』をもう1周終えたら、録音してある『ラジオ英会話』を4月号から聴きなおしていこうかなと思っています。
あと音読も続けないとな~。1日30分くらい音読できたら理想だけど…あと単語も覚えなきゃだし……
まぁ理想は理想としてw、「休んでもいいけど、やめないこと」だけは死守したいものです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ